浸透しやすいあめらかな肌に整えてくれる

角質の汚れは、顔の皮脂が接着剤となりどんどん肌表面にたまっていき、自力では剥がれ落ちなくなります。この角質の汚れが、たまりやすい部分があります。角質の汚れがたまりやすい部分は、ざらざらしたり、ごわごわな肌になります。鼻のところや、顎のところがそうですね。鼻には皮脂の分泌の活発な毛穴がたくさんありますので、毛穴の黒ずみやつまりが気になるところです。角質の汚れがどんどんたまると、毛穴の黒ずみ、毛穴のつまりだけでなく、ニキビの原因ともなってしまいます。角質の汚れをとる、ふきとり化粧水を毎日使うことで、どんどんなめらかな肌に変わっていきます。お肌の細胞は毎日生まれてきているのですが、肌表面の不要な角質の汚れが残っていると、新しい細胞が、肌表面にあがってこれなくなります。肌もごわつき、不要な角質の汚れがあることで、化粧水などのアイテムが浸透しにくくなります。ふきとり化粧水で角質ケアをすると、浸透しやすいなめらかな肌に整えてくれます。

拭き取り化粧水の一番効果的な使用法

 

ふきとり化粧水の一番効果体な使用方法は、朝と夜の一日2回すること。コットンにたっぷり染み込ませて、肌の表面を軽くなでるように拭き取ること。ざらつきやすいあご、鼻、Tゾーンなどはしっかり拭き取ること。毛穴の気になるところからふきとりはじめるとより効果的です。乾燥しやすい部分は角質の汚れは、そんなにたまってないので、最後に軽くふきとる程度で十分です。目の回りは、角質の汚れはたまらないので避けること。あとは、毎日きちんと適量を使用すること。毎日継続して使うことが何よりも大切です。ふきとり化粧水の前には、もちろんメイクの汚れと皮脂の汚れをそれぞれ、クレンジングと洗顔料で落としておくことも大事です。毎日ふきとり化粧水を使用していても、とりきれない角質の汚れがたまりやすい部分があるので、肌の状態に合わせてスクラブ洗顔、角質ケアパックなども取り入れるとより早く、なめらかなお肌に導いてくれますし、透明感あるお肌をキープしてくれます。

毎日のケアで乾燥肌にも効果抜群!

 

角質の汚れをとることで、次に使うアイテムの浸透がよくなります。乾燥している部位は、冬はカサカサしたり粉ふいたりします。実は、このカサカサしているもの、角質の汚れなんです。お肌は28日周期で生まれ変わります。年を重ねると、代謝が悪くなり、この生まれ代わりの周期も長くなります。40歳だと40日くらいになります。40代になると皮脂の分泌も少なくなりますので、乾燥肌の方が多くなります。あとは、人間の体の水分が占める割合も年々少なくなりますので、乾燥するんですね。角質の汚れは、自分で剥がれ落ちなくなるので、ふきとり化粧水でのケアが必要になります。ふきとり化粧水で肌を整えた後のお手入れは、ぐんぐん浸透していきます、すぐいなくなります。今まで角質の汚れがたまっていたため、化粧水、美容液、クリームをつけてもつけても浸透しにくくなっていたので、乾燥していたんですね。毎日、ふきとり化粧水でケアすることで、乾燥肌にも効果抜群なんです。

不要な物は落として、必要な物は残してくれる

 

お肌には3つの汚れがあります。メイクの汚れ、汗や皮脂の汚れ、そして角質の汚れです。メイクの汚れはメイク落とし、汗や皮脂の汚れは洗顔、角質の汚れを落とすものは、いろいろな化粧品があります。スクラブ洗顔、パック、ふきとり化粧水、角質ケア美容液、様々な形体があり、どれを選ぶか迷いますよね。なかでも、毎日簡単に使えるふきとり化粧水は使いやすくて、今のお手入れにプラスしやすいアイテムです。角質の汚れは1時間に数千個でてきます。毎日、朝と夜の2回、洗顔後にまず、ふきとり化粧水でさっとふきとるだけ。クレンジング、洗顔で落としきれなかった角質の汚れを、ふきとり化粧水で取り除きます。不要なものを落とすことで、必要な角質層が整い、キメの細かい肌にどんどん生まれ変わります。必要なものまでは、とらないので、安心です。角質ケアは、肌によって強すぎるものもあります。なので、自分の肌タイプに合ったふきとり化粧水を使うのが良いでしょう。